自分の不倫を隠して、思いがけないタイミングで「離婚して」なんて迫られたといったケース

実際の離婚裁判の際に役立つ浮気の証拠と言えば、GPSの記録やメールの送受信の履歴単独だったら不十分で、相手と一緒にいるときを撮影した写真や映像がベストな証拠なんです。探偵事務所とか興信所で撮影してもらうのが大部分の方の選ぶ方法です。
調査料金の詳細な体系などを自社サイトで確かめられる探偵事務所であれば、大雑把な目安程度なら調べられるかも知れないのですが、明確な金額は無理です。
自分の不倫を隠して、思いがけないタイミングで「離婚して」なんて迫られたといったケースの中には、浮気に気付かれてから離婚することになったのでは、相応の慰謝料を払う責任ができるので、ひた隠しにしようと考えているケースが少なくありません。
特に不倫及び浮気調査を行っているときは障害が多い状況での証拠の写真や動画の撮影がいくらでもあるので、探偵社とか所属する探偵それぞれで、尾行する際の能力とか撮影機材の格差がかなりあるので、しっかりと確認してください。