大学時代にハマったアイドルで金欠

大学生時代の話です。私は当時アイドルの追っかけをしていました。テレビに出るような人気のあるアイドルではなく、俗にいう地下アイドルというやつです。私は地方の大学に通っていて、夏休みを利用し東京に住む友達のところへ遊びに行きました。友達に案内され秋葉原へ連れて行かれそこで地下アイドルと出会ってしまったのです。
地下のライブハウスで初めて見るアイドルのライブ。演者と客の距離が近く、手を伸ばせばすぐに届くくらいでした。そこで懸命に歌っている彼女たちに一目惚れしてしまいました。ライブが終わりグッズを買ってその日は帰りました。1週間くらいの東京滞在のほとんど彼女たちのライブを見に行きました。興奮したまま地方へ帰り彼女たちのことが忘れられません。
気づけばネットで情報を集め、グッズを買い占めていました。バイト代はほぼ彼女たちに使っていて毎日金欠状態でした。まとまった休みは東京へ。そのためにバイトを掛け持ちしお金を貯めては彼女たちのライブに行きグッズを買いました。グッズ以上に気分を盛り上げたのはサイン会やチェキ会と呼ばれるものでした。お金を払えば彼女たちのサインが貰えたり、一緒にチェキを撮れたりするものです。
バイト代はそれらに消えていきました。宿泊費は友達の家に泊まっていましたが、東京までの遠征代もバカになりません。結局卒業するまでバイトしてはアイドルに貢ぐということをしていたのでお金を貯めることすらできず、いつも金欠だったのを覚えています。
個人事業主となった今は請求書を使って前借りできるサービスがあるので助かっています。
>>yup先払いの評判はこちら