ページ速度が速いサイトと遅いサイトのストレス度の違いは?

欲しい商品をネットショップで購入しようとサイトを開くと、まったく反応しないサイトがあります。
「ん?読み込んでるの?それとも表示されないの?」とイライラした経験があるでしょう。
インターネットのページ表示時間が2秒以上だと、1/3のユーザーが離れていくという統計があります。
離れていったユーザーは「このサイトからの購入はしない」と決めてしまうそうです。
これではどんなにいい商品であっても、ネットショップで販売する意味がありません。
ちなみに、サイトを再度利用する理由には「ページ表示が早いから」というものが入っています。
それほどページ表示の速さは重要となってきたのです。
日常生活での2秒は気にならないのに、サイト表示がされる時間が2秒以上だとイライラしてしまう理由はなぜなのでしょうか。
カップラーメンや電子レンジを使ったことがある人はわかるかもしれません。
タイマーを見ていると、3分が異常に長く感じませんか?
インターネットも同じことが言えるのです。
そのサイトが開かれるまでじっと画面を見つめているので、待ち時間が長く感じてしまいます。
ページ表示が遅いと感じるサイトは、ユーザーにストレスを与えてしまい、売上も半減してしまうでしょう。
ページ表示の時間はそれほど大切になってきます。
ページ表示速度が早い=ユーザーの確保=リピーター率の高さにつながるのです。
以前ならページ速度は6~4秒でも、ユーザーにはストレスを感じることはありませんでした。
しかし年々、ストレスを感じるページ表示の待ち時間は早くなっています。
これはインターネットが進化したためでしょう。
画像の多いページは表示時間が遅いので、もう一度サイトを見直すことをオススメします。
【PR】
ソレイユにSEO対策はお任せください