ファクタリングの初回手数料0円

買取手数料は無駄なものなので、それが高いと手元に入る資金も少なくなってしまいます。また、ファクタリングはお客様ではなく、売掛先様の信用情報などを重視するので売掛先様が黒字経営である場合には買取手数料が下がりますが、赤字経営だと、逆に買取手数料が上がってしまいます。

ここでも単純な話ですが、売掛金の支払い期日までが短いとファクタリング手数料が下がり、支払期日が長いと、ファクタリング手数料が上がります。売掛金の支払い期日が短ければ短いほどファクタリング業者としてのリスクが下がります。

この場合「80万円を借りて、30日後に100万円にして返済する」と同じ状況となります。これを金利に換算すると、1ヶ月あたり25%、年利に換算すると300%となり、非常に高いことがわかります。一般的な銀行融資やビジネスローンの実質年利は2~15%、法律上は20.0%の年利契約は認められていません。

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能。

外国ファクタリング会社は代金を日本の指定銀行に送金、その後輸出業者に代金が支払われるのが一般的です。 万一、支払期日に代金が不払いとなった場合でも、日本のファクタリング会社および外国のファクターが連携して支払いが保証されます。

日本では貿易保険制度(貿易一般保険、輸出手形保険)があります。また、類似のリスクヘッジ手段として決済期間の長い期限付手形や政治リスクもカバーするフォーフェイティング(Forfeiting)と呼ばれる国際金融取引もありますので、相手国、金額、保証期間、費用などを比較されるとよいでしょう。

ファクタリング手数料の相場と費用を安く抑えるコツ